読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Azure】VHDを仮想マシン作成時のマイイメージとして登録する

こちらの記事VHDをAzureにアップロードするところまでを書いていますが、この手順だけだとアップロードしたVHDファイルを仮想マシン作成時に利用できません。(ギャラリーからマイイメージとして選択できません。)


これをするためにはAdd-AzureVMImageというコマンドを使ってアップロードしたVHD仮想マシンイメージとして登録してあげる必要があります。

纏めると以下のような手順になります。


①Sysprep済みのVHDを準備
(必要に応じてVHDX->VHD変換、固定長変換)


②Azure Powershellのインストール・起動(ダウンロードはこちらから)

③Get-AzurePublishSettingsFileコマンドでAzureのサブスクリプションプロファイルのファイルを取得

④Import-AzurePublishSettingsFileでAzureのサブスクリプションプロファイルをインポート

Import-AzurePublishSettingsFile -PublishSettingsFile <③の手順で保存したファイル>


⑤Get-AzureSubscriptionでインポートした内容を確認


⑥Add-AzureVhdでVHDをアップロード

Add-AzureVhd -Destination <BLOB Endpoint> -LocalFilePath <①で作成したVHDのパス>


⑦Add-AzureVMImageコマンドでアップロードしたVHD仮想マシンイメージとして登録

PS> Add-AzureVMImage -ImageName <イメージ名> -MediaLocation <BLOB Endpoint> -Label <イメージのラベル> -OS [Windows or Linux]



これでアップロードしたVHDファイルを利用して、Azure上に仮想マシンを作成できるようになりました。