読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PowerShell ISEにアドオンを追加して機能拡張する

PowerShell

PowerShellの開発ツールとして有名どころで以下のようなものがあります。

Windows標準です。

こちらのブログに詳しく書かれています。
PowerShell Script の エディタ と Visual Studio - tech.guitarrapc.cóm

いつの間にかDellに組み込まれてました。

  • その他

他にもSublime Textなんかの各種エディタを拡張したりすることもできます。


私の場合は色々試しながらも結局は標準のPowerShell ISEに戻ってきてしまいます。ただ、PowerShell ISEのここが凄いという機能は無いような気がします。やはり、Windows標準なので、Windows Serverも含めどの環境でも使えるのことから、結果として使うことが多くなり、ショートカットなどの操作も手に馴染んでいるというのがISEを使う一番の理由のような気がします。

PowerShell ISEのキーボードショートカットはこちらに纏まっています。
キーボード ショートカット

特にCtrl+Jのスニペットの呼び出し、デバッグ関連のショートカット、F8の選択部分の実行なんかはよく使うショートカットです。

そんな使い慣れたPowerShell ISEですが、少しアドオンを加えるだけで使いやすさが大きく変わります。


PowerShell ISEのアドオン

PowerShell ISEのアドオンの一覧はメニューからもアクセス可能です。


実際のリンク先は以下のURLになります。ここにISEアドオンが一覧されています。
Windows PowerShell ISE Add-On Tools - TechNet Articles - United States (English) - TechNet Wiki


中でも私の使っているアドオンは以下の3つになります。


それぞれについて簡単に書いていきます。 

ISE VariableExplorer

インストール方法

  1. 最新のモジュールをダウンロード(Link)
  2. ZIPを解凍したフォルダ「VariableExplorer」を環境変数PSModulePathで定義された任意のフォルダに移動
  3. ISEのプロファイル*1に「Import-Module VariableExplorer」と追記
(注)環境変数PSModulePathの取得方法
PS>$env:PSModulePath
C:\Users\<UserName>\Documents\WindowsPowerShell\Modules;....

通常はC:\Users\ユーザ名\Documents\WindowsPowerShell\Modulesなどを使います。

使い方

アドオンツールウィンドウにVariableExplorerのタブが表示されます。(アドオンツールウィンドウはAlt+Shift+Vで表示・非表示切り替え可能)

使い方は単純で、VariableExplorerに変数の値が表示されていきます。オブジェクトの中身まで確認できるので便利です。


デバック機能と一緒に使うと便利です。


 
 

Powershell ISE Project Explorer

インストール方法

  1. 最新のモジュールをダウンロード(Link)
  2. ダウンロードしたファイル内のInstall_to_UserModules.batを実行|

使い方

こちらも使い方は単純です。指定したフォルダの配下のPowerShellファイルと、その中に定義されているFunctionを一覧しジャンプできます。


PSharp

インストール方法

  1. ZIPファイルをダウンロード(Download Link)
  2. ダウンロードしたファイル内のInstall.ps1を実行
  3. ISEのプロファイル*2に「Import-Module PSharp」と追記

使い方

特に使う機能は「Ctrl+Shift+X」で呼び出す検索機能です。この機能は開いているスクリプト全体からFunctionやVariable、Paramterを検索できる機能です。


他の機能もあり、GitHubにあるこちらのgifでも確認できます。私は検索機能以外は使ってないですが。
https://camo.githubusercontent.com/babf7f52f9298cfc4fcab46257678f6c9fa994c3/68747470733a2f2f7261772e6769746875622e636f6d2f6466696e6b652f5053686172702f6d61737465722f696d616765732f5053686172702e676966





参考

PowerShell ISEのプロファイルはPowerShell ISEから以下のコマンドを実行すると直接メモ帳で編集できます。

PS > notepad $profile


この記事で紹介している3つのアドオンを入れた場合、プロファイルには以下の3つのコマンドが記載されているはずです。

Import-Module PsISEProjectExplorer
Import-Module VariableExplorer
Import-Module PSharp

 
 
 
 


なお、今回書いているアドオンは無償ですが、お金に余裕があれば、ISESteroidsという有償の強力なアドオンがあります。13000円くらいします。お試し版で10日間使えるので試してみるのもよいと思います。確かに便利です。

ISESteroidsの特徴などは以下のページの記事にわかりやすく書かれています。
PowerShell ISE への アドオン ISESteroids を使ってみる - tech.guitarrapc.cóm



 
 

*1:通常「C:\Users\ユーザ名\Documents\WindowsPowerShell\Microsoft.PowerShellISE_profile.ps1」

*2:通常「C:\Users\ユーザ名\Documents\WindowsPowerShell\Microsoft.PowerShellISE_profile.ps1」