読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Windows10】Microsoft EdgeをEnterprise ModeでIEと連携しながら利用する

Windows 10のデフォルトブラウザのMicrosoft Edgeですが、Silverlightが使えないなど、既存のシステムを利用する場合には一部不便な点もあります。例えば社内のSharePoint2010のサイトでPPTのスライドを見たい場合など。こんな表示が出てしまいます。
f:id:yomon8:20150907121433p:plain


そういった、従来のシステムへの互換性対応として、IEから引き続きMicrosoft Edgeにも、Enterprise Modeというものがあります。

IE11の場合はEnterprise Modeを利用せずとも、そのまま動くサイトも多かったため、使うタイミングも限られていたと思います。しかし、Microsoft Edgeでは利用ケースが増える機能だと思います。


ここではMicrosoft EdgeにおけるEnterprise Modeの使い方を書いていきます。

Microsoft EdgeにおけるEnterprise Modeの動き

まずMicrosoft EdgeでEnterprise Modeがどう動くのか、例を見ていきます。

例えば、www.bing.comをEnterprise Modeの対象として設定してみます。この状態でMicrosoft Edgeを利用してwww.bing.comを開くと、Microsoft Edgeの画面は以下のようになります。
f:id:yomon8:20150907115939p:plain

そして新しいIEのウィンドウが自動的に開き、www.bing.comがIEで開きます。これでMicrosoft Edgeで動かないサイトに関しても、利用してもらうことができます。
f:id:yomon8:20150907115946p:plain
 
 

 

Enterprise Mode Site List Manager

Enterprise Modeの対象となるサイトは、XMLファイルで設定できます。XMLファイル生成用のツールとして、Enterprise Mode Site List Managerと言うツールが提供されているので見ていきます。
 
 

Enterprise Mode Site List Managerの取得とインストール

Enterprise Mode Site List ManagerはMS公式サイトからダウンロードします。
Download Enterprise Mode Site List Manager from Official Microsoft Download Center

検証で使っている環境はWindows10ですが、ファイルはEMIESiteListManager-Win8.msiで大丈夫です。
 

ダウンロードしたMSIファイルを実行します。特殊な設定は無いので、インストール画面遷移を並べておきます。




 
 
インストールが完了したら、デスクトップにショートカットが生成されているはずです。
f:id:yomon8:20150907120024p:plain
 
 
または、「Windowsボタン+Q」で検索窓に「enterprise mode」で検索してみてください。
f:id:yomon8:20150907120037p:plain

 
 

Enterprise Mode Site List ManagerでXML作成

Enterprise Mode Site List Managerで、Enterprise Modeの対象となるサイトリスト用のXMLを作成します。

Enterprise Mode Site List Managerを起動したら、Addボタンをクリックします。
f:id:yomon8:20150907120401p:plain

サイトのURLと、Enterprise Modeの設定をします。画面の場合はMicrosoft EdgeでBINGを開いた時に、IE8モードのIEで開く設定です。最後にSaveボタンをクリックします。この時点でサイトへの通信が可能かがチェックされます。
f:id:yomon8:20150907120406p:plain

設定が追加されたのがわかります。この流れで必要なサイトを追加していきます。
f:id:yomon8:20150907120409p:plain

最後に「Save to XML」で、XMLファイルを生成します。
f:id:yomon8:20150907120415p:plain

上記の例の場合は以下のようなXMLが生成されます。

<rules version="1">
  <emie>
    <domain exclude="false">www.bing.com</domain>
  </emie>
  <docMode />
</rules>




Enterprise Modeの有効化

グループポリシー(gpedit.msc)を使った有効化

コマンドからgpedit.mscを実行し、グループポリシーエディタを開きます。
ローカルコンピューターポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>WindowsコンポーネントMicrosoft Edgeの中にある、エンタープライズサイト一覧を構成を許可するを選択します。
f:id:yomon8:20150907120511p:plain

有効化する際に先ほど作成したXMLファイルが見れるサイトを指定します。画面ではローカルのWEBサーバにXMLファイルを配置しています。ファイル共有でもできるらしいのですが、私の環境ではできなかったです。
f:id:yomon8:20150907120524p:plain

レジストリエディタ(regedit)を使った有効化

レジストリエディタからも設定可能です。最初はレジストリが存在しませんでしたが、上記のグループポリシーを設定するとレジストリが生成されます。
f:id:yomon8:20150907120540p:plain






イントラシステムは全てIEで見たい

Enterprise Modeについてのお話しをしてきましたが、一括で社内のイントラシステムを全てIEで開く設定もあります。

ローカルコンピューターポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>WindowsコンポーネントMicrosoft Edge
すべてのイントラネットトラフィックInternet Explorerに送る
f:id:yomon8:20150907120547p:plain



最後に、究極のシンプルな方法はメニューで「Internet Explorerで開く」を選択することかもしれません。個人でMicrosoft Edgeを使っている分にはこれで十分な場合もありそうです。
f:id:yomon8:20150907122256p:plain