読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OpenAMのインストール手順(Windows 2008R2,OpenAM10.1,Tomcat 6)

認証認可 OpneAM

SAMLの検証でインターネット上で動くIdPが急遽必要になったので、検証用OpenAMをサクッと作りました。手順だけメモしておきます。


急いでいたので最新ではなく、昔に動かしたことあるバージョンで作っています。Azure上でのサーバ準備含めても30分~60分程度で動かせると思います。

OS準備

  • Windows Serverインストール
    • AzureでWindows Server 2008 R2 SP1をデプロイ
    • hostsファイルにFQDNを設定
    • 必要なフォルダの作成
      • tomcat用フォルダ(例: C:\tomcat)
      • openam用フォルダ(例: C:\openam)

インストール

JDK

C:\>java -version
java version "1.6.0_45"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_45-b06)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.45-b01, mixed mode)
C:\>echo %JAVA_HOME%
C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_45

Tomcat

setenv.bat

set CATALINA_OPTS=-Xmx2048m -XX:MaxPermSize=512m

OpenAM

  • openam_10.1.0.zipを展開
  • openam-server-10.1.0-Xpress.warをC:\tomcat\webappsにコピー
  • C:\tomcat\webapps\openam-server-10.1.0-Xpress.warをC:\tomcat\webapps\openam.warにリネーム

OpenAM起動

  • C:\tomcat\bin\startup.batを実行し起動を確認
<省略>
INFO : Deploying web application archive openam.war
<省略>
INFO : Server startup in xxxx ms

OpenAM初期設定

  • ブラウザでOpenAMにアクセス
    • http://:8080/openam

f:id:yomon8:20150913213759p:plain

  • 初期設定を実施

参考までに設定画面を並べておきます。テスト用なのでバンドルのOpenDJを使ってます。
f:id:yomon8:20150913213833p:plain
f:id:yomon8:20150913213837p:plain
f:id:yomon8:20150913213841p:plain
f:id:yomon8:20150913213845p:plain
f:id:yomon8:20150913213849p:plain
f:id:yomon8:20150913213852p:plain
f:id:yomon8:20150913213859p:plain
f:id:yomon8:20150913213906p:plain
f:id:yomon8:20150913213909p:plain
f:id:yomon8:20150913213913p:plain
f:id:yomon8:20150913213916p:plain

  • OpenAMにログオン

設定画面に最初に設定したパスワードが、管理者であるamadminユーザのパスワードになっています。
f:id:yomon8:20150913213921p:plain
f:id:yomon8:20150913213927p:plain

関連記事

yomon.hatenablog.com