読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sambaで認証無しの共有フォルダ作ってWindowsエクスプローラからアクセス

Linux

Sambaで認証無しの共有フォルダを作ったので対応メモを書いておきます。

Guestユーザの作成

# useradd guest
# su - guest
$ mkdir share

Sambaの設定ファイルを編集

# vim /etc/samba/smb.conf

 

以下のように設定します。Windowsエクスプローラからアクセスするとguestユーザにマップされます。Windowsエクスプローラで新たに作成したファイルの所有者はguestになります。

[global]
        unix charset = UTF-8
        dos charset = CP932
        display charset = UTF-8

        log file = /var/log/samba/log.%m
        max log size = 50

        #guestユーザにマッピング
        security = user
        map to guest = Bad User
        guest account = guest

[share]
        #ディレクトリパス
        path = /home/guest/share
        #ブラウザ表示
        browseable = yes
        #書き込み可能
        writable = yes
        #ゲストアクセスOK
        guest ok = yes
        #作成したファイル・ディレクトリのアクセス権
        create mask = 0644
        directory mask = 0775

 

設定反映

再起動で反映します。

# /etc/init.d/smb restart

Windowsエクスプローラからアクセス

f:id:yomon8:20160118192517p:plain