読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12インチMacBookの据え置き充電器にAnker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery購入してみた

Gadget

Apple純正の標準の充電器は常にカバンに入れているのですが、会社で毎回配線するのが面倒だったので、据え置きの充電器を探していました。

結果、Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryを購入して現在のところ快適に利用できているので、レビュー書きたいと思います。

Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (60W 5ポート Power Delivery搭載 USB&USB-C 急速充電器) 新しいMacBook / iPhone / iPad / Android 各種他対応

まだUSB Type Cの充電器は選択肢が少なく、あってもNexusなどのスマートフォン用途のものが多いで注意です。

手持ちのUSB充電機で対応できるか?

MacBookApple純正の充電器が29Wであることからもわかるように、MacBookは結構な電力を必要とします。

最初は私もUSB Type Cって新しいって言えど、今までの充電器で充電できるでしょと思っていました。

実際に最初に試したのはこちらの組み合わせ。

今まで愛用していたAnckerのUSB充電器です。

この充電器に新規にかったUSB変換ケーブル。

実際に愛用していた信頼のAncker製品ですし、こちらも出力24Wなので十分使えると思っていました。

MacBookに差し込んでみると確かに充電していました。しかし、純正ケーブルと比べて充電完了までの時間が長くなりました。よく見てみれば12Wの充電器としてMacに認識されていたみたいです。

ちなみに純正の場合はこんな感じに表示されます。

とはいえ、安いケーブル一本で充電できれば御の字ということで、そのまま一日仕事してみました。充電遅い感じもしましたが充電が切れるということはありませんでした。

しかし、帰宅時に充電器を触ってみるとかなり熱い。最近事故も多いのでしっかりとMacBookの充電ができる充電機を探すことにしました。

長々と書いてしまいましたが、結局USB変換ケーブルで対応しよとして失敗してしましました。

         

Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery購入

そこで見つけたのがこちらのAnckerの充電器です。

届いてみると流石に包装がしっかりしてました。

内容はこちらコードを束ねるバンドが予備でついていましたので、こちらはApple純正の充電器のコード束ねるのに使っています。

本体を持ってみると重いです。持ち歩きには向いていないと思います。

今、こんな感じに利用しています。MacBookの他にZenfone2とiPod nanoを常に充電していますが、Apple純正のものよりも若干早く充電可能です。

Macからは45Wの充電機として認識されます。 流石Amazonの説明文の中でMacBookへの対応を力強く謳っているだけのことはあります。

Power Delivery搭載USB-C
新しいMacBookに、通常のUSB-C充電の約2倍、29Wの最大速度で充電可能。MacBookスマートフォンタブレット、そのすべての充電をこれ1台で。

一日使えば少し温かくはなりますが、熱いというほどのことはありません。Zenfone2やiPod nanoの充電も問題ありません。今のところ中々の使い心地です。

ちなみに、購入後しばらくの間「現在お取り扱いしておりません」と表示されていたので、何か製品に問題があったのかと心配していたのですが、先ほど「2016年5月31日に入荷予定です。」に表示が変わっていたので単純に売り切れただけみたいですね。