IoT

M5StickC Plusを使ってRS485でModbus RTU通信してみる

IoT

M5StickC Plusを手に入れたので少し動かしてみました。 www.switch-science.com はじめに 開発環境を整える IDEの準備 M5StickC Plusの開発環境準備 Modbus-RTU通信準備 RS485通信用のHatの購入 Modbus通信に利用するライブラリを導入 コード 動かしてみる …

2020年の仕事で使った技術を振り返る

2020年の仕事を振り返ってみようと思います。 書いて見返してみると、本当に技術のことばかりですね。仕事と言うより、技術好きのただの趣味みたいな感じなのでしょうがないか。 はじめに 今年仕事で使った技術 AWS Azure GCP Other 全てのプロジェクトにIaC…

SORACOM Napterで複数SIMからSSH先を選択して接続できるスクリプト作った

この記事はBeeX Advent Calendar 2020の12/15の記事です。 SORACOM NapterはオンデマンドでデバイスへのテンポラリかつセキュアなSSH接続を開けるサービスで、コロナ禍で現場に行くのが難しくなった中、自分の中でますます活躍の場が増えてるサービスです。 …

AWS IoT SQLでINT等の整数で渡されたBIT FLAGの値を取り出す

課題 対応 課題 AWS IoTに飛んできていたINT等の整数データが実はビットのフラグが並んだものだった場合、AWS IoT SQL使うとフラグに直して後続に渡すことも可能です。 対応 例えば my_data という項目に8ビットフラグの整数が渡されてきた場合、以下の関数…

AWS GreengrassのLocal Shadowを利用してLambdaの設定値の変更・永続化をする

Raspberry PiのGatewayにGreengrassを入れて使っていますが、機器からの値を取得する周期や、パラメータ等、Gateway側のLambdaから利用するパラメータを永続値として持っておきたいと思いました。 その上、その値はAWS IoT側を通して変更したい。 ということ…

ECHONET Lite対応の部屋のエアコンをPython3から操作してみた

仕事の中でECHONET Lite(エコーネットライト)というプロトコルを知ったのですが、このプロトコルで部屋にあるSharp製のエアコン(型番 AY-H22S-W ) を操作できそうなので使ってみました。 ECHONET Liteとは 部屋のエアコンが対応しているか調べてみた 調べ…

AWS IoT GreengrassでRaspberry Piに接続されたModbusのデータを取得

こちらの記事で作成したModbus通信の温湿度計を、AWS IoT GreenGrass経由で操作してみました。 yomon.hatenablog.com 概要 Lambda作成 GreenGrass設定 Lambda設定 サブスクリプション設定 デプロイ 動かしてみる プロトコルアダプター 概要 やりたいことの概…

Modbus-RTU対応の温湿度計をRaspberry PIとPythonでGPIO経由で利用してみた

はじめに Modbus(モドバス)って? PCのUSBから繋いでみる GPIOから繋いでみる Raspberry PIでUART通信の準備 MAX485購入(UART -> RS485変換) 配線 Pythonで通信してみる 参考URL はじめに 仕事でModbusを勉強する必要が出てきたので、試しに何か動かそうと…

LEGOとRaspberry Piで会社のイベント展示用のデモ作った話

この動画のデモを作った話です。題名にLEGOと入れましたが、自分はLEGOは触っていなくて、Raspberry Pi専任で作っていたこともあり、技術的なことを中心に書いていこうと思います。 youtu.be www.beex-inc.com 何で作ったのか? どうやって動いているか? コ…